◇今日のレジスタンス/サポート&ポイント解説◇ドル円
第3レジスタンス:112.90-95円(前日高値圏&ピボットS1)
第2レジスタンス:112.80-85円(12/6/21時台高値圏
                &75時間移動平均線)
第1レジスタンス:112.75-80円(60分足20本基準線
                   &3時台高値圏)
  NY引け値:112.70円(+0.05円)
第1サポート:112.65-70円(先行スパン&75日移動平均線)
第2サポート:112.55-60円(前日安値圏など)
第3サポート:112.45-50円(先行スパン下限など)


下値警戒が続いていた中、下げ渋りの動きで112円後半
レンジで展開された。膠着推移の動きで、一目均衡表
・先行スパン雲に下支えを受ける一方、遅行スパンの
上値圧迫での商状となり、方向感を失っている。
雇用統計後に落ち着いた動きとなった事もあり、
やや揺り返し気味の期待も発生している。戻り攻防の
状況で、週明け早々は底堅さも見られるか。
売り意欲の後退気味で突っ込み売りを避けたい状況だ。
様子見基本の局面。


本日のポイント:引け足レベルの動きを見定めたい。
 三角持ち合いから、横ばいレンジでの動きに変化中で
 あり、戻り余地が出ている商状、足許の変化を確認
 したい。
 陽線切り上げで引けると、戻り目の流れを引き寄せる。
 場中の東京市場は買戻し優勢のタイミング、上値の
 意欲を見定めたい。


本日の流れ:東京市場はシッカリ地合いを見込んでいる。
海外市場の方が下値不安が高まりそう。
中心レンジ予想:112.55-113.05円 
本日展望*買戻しの攻防入り
(8日AM10:30執筆)