◇今日のレジスタンス/サポート&ポイント解説◇ドル円
第3レジスタンス:113.10-15円(転換線
          &12/5/17時台高値圏)
第2レジスタンス:112.80-85円(21時台高値圏など)
第1レジスタンス:112.65-70円(60分足20本基準線等)
  NY引け値:112.65円(-0.53円)
第1サポート:112.55-60円(13時台安値圏など)
第2サポート:112.45-50円(先行スパン下限など)
第3サポート:112.35-40円(90日移動平均線など)


下げ優勢の動きが展開され陰線引けで終えてきた。
3日間、並んだ形(並び足)で終えており、戻り余地が
低下してきた。売りパターンへと変化が出易いもので、
本日の下値の勢いに注目されそうだ。強弱を探る
オシレータ系は切り下げ中、方向性指標のトレンド系
は概ね売りシグナル点灯中で、一目均衡表ではデッド
クロスが観測、上方は遅行スパンの実線抵抗の位置
にある。
下方は先行スパン雲に支えられているが、下方に変化が
出易い状況だと言える。戻り売り優位の対応が
引きずられる。


本日のポイント:下げにバイアス(偏り)が継続中、
 雇用統計日に勢いが増すか注目される。
 前日下ヒゲ線引けで踏ん張り感もある為、前日の下ヒゲ
 部分(112.23-65円)を埋めてくると先安リスクが
 増大。
 場中の東京市場は下げ優位の時間帯、下値度合いを 
 見定めたい。


本日の流れ:東京市場は軟調な動きを見込んでいる。
112円ミドル圏で踏ん張れば、欧州市場前半は戻りへと
繋がり易い。
中心レンジ予想:112.20-80円 
本日展望*下げ地合いの公算
(AM8:22執筆)