★戦略的には、ドル円は徐々に上値の重さが意識されているが、101.50〜102.50円のレンジ幅を重視し、ドル円101円台半ば前後から押し目買いを勧めると共に、102円台半前後からナンピン売りで待機することを勧める。そして、ユーロドルは1.36台半ば前後から押し目買いを勧めると共に、1.37台半ば以上からナンピン売りで待機することを勧める。

●邦銀勢によれば、輸出入企業共に株価動向を睨みながら様子見スタンスを強めているが、輸出企業は引き続き102台半ば前後からナンピン売りで待機している模様。一方、輸入企業は102円割れからは随時実施しており、現状では101円台半ば割れから押し目買いで対応している模様。

●海外勢によれば、引き続き戻り売りを優先する中、現状ではユーロドル1.37台半ば以上から少なめのナンピン売りで待機姿勢を強めている模様。一方、買いは1.36台半ば前後から押し目買いが散見されている模様。

●クロス円は、ドル円101円台半ば前後ではロング、102円台半ば以上ではショートをイメージし、ユーロ円は139円前後から押し目買いと共に、140円台半ば前後からナンピン売りで待機することを勧める。そして、豪ドル円は94円台半ば前後から押し目買いと共に、96円前後からナンピン売りで待機することを勧める。

*****************************

●市場ストップロス・オーダー状況  
通貨       売り      買い
ドル円      100.75     103.10
ユーロ円     138.60     140.80
ユーロドル    1.3610     1.3820
豪ドル円     94.25     96.30

*************************

情報提供:アセットクラス&WEBコンサルティングLLC
       情報教育チーム 鈴木郁雄
       http://www.asset-consul.net
*************************