かんちゃんの為替の部屋(アナリストによる情報ブログ)

濫立する金融投資商品において、1)安全性を高め、2)効率良く運用し、3)好収益の具現化を進めていく上で、為替に絡んだ取引を行う事が
重要です。なかでも、FX投資を主体とした投資家が増えている事に鑑み、その辺に視点を置いた情報提供の場を作りました。
弊社情報教育チーム・アナリストの協力の下、実戦的な情報サイトとして運営致しますので、有効にご活用ください。
読者、訪問者数は22万4741名超(H30年11月1日現在)。アセットクラス&WEBコンサルティングLLC

7/30(月) 南ア・ランド円見通し

【南アフリカランド/円】
 ▲第2レジスタンス:16.87-90円(2σ上限&60分足先行スパン)
 ▲第1レジスタンス:16.69-71円(200日移動平均&陰線埋め水準)
 ○NY引け値:16.62円 (-0.06円)
 ▼第1サポート:16.53-56円(6月安値圏&月足転換線)
 ▼第2サポート:16.36-40円(4/19安値圏など)

**本日のポイント**
新値足:陰線2手、RSI(5日・10日):17%・27%水準。
ボリンジャーバンド:バンド幅が拡大期。2σ上限ラインが上値の抵抗。
一目均衡表:三役悪化・売り時代へと変化。先行スパン雲輪れで
                         下値不安増大。

大陰線急落から、トンカチ型の下げ警戒足となる陰線で終了。
下値攻めを継続する動きに、買い方の不安感は拭いきれない。
三段抜き新値足でもダマシ防止の2手目を観測、陰線新安値4手目の
売り道中であり、戻り売り基調が継続される。
ただ、オシレータ系に低位突っ込み感もあり、また16円前半の厚い支持帯
を前に戻り目も出易い状況であり、一旦ショートカバーも出易い局面か。
引き続き、下値堅め待ちの様相だと言えよう。じっくり待ちの姿勢か。

今日の売買戦略:様子見を継続。

1日の流れ:東京タイム早い時間にかけて値堅めの局面。ロンドンタイムに
かけては戻りが出易い流れか。しっかり戻しを演じてくると、NYタイム
では下値不安か。
今日の中心予想レンジ:16.53円-16.71円   全般、小動き見通し



  

7/30(月) NZドル円見通し

【ニュージーランドドル/円】
 ▲第2レジスタンス:91.70-80円(大陰線仲値水準)
 ▲第1レジスタンス:90.80-90円(先行スパン雲など)
 ○NY引け値:90.64円(-2.14円)
 ▼第1サポート:90.00-10円(黄金分割38%押し&倍押し水準)
 ▼第2サポート:88.90-89.00円(5月密集圏など)

**本日のポイント** 
新値足:陰線2手出現、RSI(5日・10日):9%・22%水準。
ボリンジャーバンド:バンド幅が拡大期。2σ下限割れでトレンド発生。
一目均衡表:先行スパン雲割れなら三役悪化・売り時代の流れ。
                        下値不安継続。

2連大陰線で暴落。2日で645p(実体615p)の大下げで、引き続き
下値を試す動きが見込まれる。三段抜き新値足ではダマシ防止の2手目
を観測。週足ベースも大陰線崩壊で転換線ブレーク、また新値足では
売り転換示現。
投資スタンスとしては、戻り売り基調を継続したいところだろう。
今日のポイント:先行スパン雲割れ示現となるか注目しておきたい。

今日の売買戦略:短期派主体に91円ミドルに引き付けての戻り売り。
60分足RSI高位条件。ストップロス91.90円設定。ターゲット89円台。

1日の流れ:シドニータイム値堅めから、東京タイムは後半にかけて
戻り目が有りそう。ロンドンマーケットが売りゾーンか。
NYタイムから下値不安が高まりそう。
今日の中心予想レンジ:88.90円-91.70円  東京タイム戻り目、
                        海外下げ基調か


ファンダメンタルな相場付き

週末の欧州市場序盤は、米株先物市場での下落に一服感が出た事や、
欧州通貨に対してのドル買いが優勢となった為に、一時ドル/円は
119.25円まで上昇した。
しかし、欧州株式市場が全面安の展開となると流れは一転、円買い
優勢の動きとなり、ドル/円は118.56円まで下落した。
その後、注目された米第2四半期GDPが(結果3.4% 予想3.2%)予想を
上回る結果となった為、ドル/円は再び119円台を回復したが、
NYダウの200ドル以上の大幅下落や米債利回りの低下を受けて、
118.49円まで下落した。
また、米株安はクロス円全般にも影響し、ユーロ/円は161.48円、
ポンド/円は
239.71円、豪ドル/円は100.83円まで下落している。

本日の東京市場では円の売買が交錯する展開が予想されている。
昨日の参院選の影響は限定的とみられており、注目は週末の米株安
を受けたアジア株の動向に注目が集まっている。アジア市場でも
株安の展開となれば、もう一段の円高を見る向きも出てきており、
118円割れとなるか注目されるところだ。

欧州市場では仏生産者物価指数や英マネーサプライ、英消費者
信用残高の発表が予定されている。欧州通貨は対円だけでなく、
対ドルでの売りも目立っており、地合いが弱いだけに悪い指標結果
や欧州株安の展開となった場合には、ユーロ/円は160円割れ、
ポンド/円は238円割れも視野に入る可能性が考えられるだろう。

NY市場では加鉱工業製品価格の発表が予定されている。
米経済指標の発表は予定されていない為、引き続き米株式市場や
米債の動向に注目が集まりそうだ。
依然、サブプライムローン問題に絡んだ米経済への悪影響が
懸念される中、株安が続くようであれば投資家のリスク資産離れが
高まり、一段の円高が強まる可能性があるだろう。

その他、今週は31日の欧消費者物価指数、米GDP、2日の英BOE政策
金利発表、欧ECB政策金利発表、3日の米雇用統計などが注目される。
週後半から各国重要経済指標の発表が集中しており、結果次第では
相場の流れが変わる可能性も考えられる為、ポジションメイクは
慎重に行いたい。


[本日の予想レンジ]

 ドル/円  117.60−119.20
ユーロ/円  160.80−161.80
ポンド/円  238.50−240.00
豪ドル/円  100.10−101.10
加ドル/円  110.60−111.50
NZドル/円   88.90− 91.70
スイス/円   97.10− 98.50
Sクローナ/円 17.40− 17.70
Nクローネ/円 19.90− 20.30
南アランド/円 16.53− 16.71
SGドル/円 77.80− 78.20
HKドル/円 15.00− 15.30
DMM FX
外為ジャパン
外為ジャパン
DMM.com証券
DMM FXは初心者向け
為替レート
マンスリー
為替ニュース
パーツ提供:ALL外為比較
ブログランキング
フェイスブック
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
「J-CASTニュース」は提供を終了しました。
livedoor 天気
【おススメ為替サイト】
■FX羅針盤:FXを取引する
すべての人に本当に必要な
情報を提供するサイト!
初心者〜上級者向け
FX関連情報と
為替相場の解説・予想!!
「FX羅針盤」はコチラ
経済指標カレンダー
マーケットニュース
日経平均株価
プロフィール

運営責任者:アセットクラス&WEBコンサルティングLLC  テクニカルアナリスト         上村和弘(かんちゃん)

                         ■コーポレートサイト:
FXアナリシスレビュー

■フェイスブック:
フェイスブックページ

■ツイッター
   個人ページ

投資をこよなく愛し、人生を幸せに過ごしたく頑張っています。よろしくお願い致します。                日本FP協会会員 CFP                                1級FP技能士 宮崎県出身

得意分野:チャートを利用した市場分析見通し。幅広いテクニカル指標を利用し、デイリーベースのコメントを執筆します。
  (6割方は当たるかと・・)

趣味:格闘技観戦・ジャズ鑑賞・体を動かす事(釣り、スイミング、サッカーなど)。
スポーツジムはルネサンスオンリー、ベンチ110kg超を目指しています。、、、
最近の読書「水滸伝」「楊令伝」等にはまっています。
メールはコチラまで
QRコード
QRコード
免責事項
※ブログの公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止する場合があります。

※各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、弊社は一切責任を負いかねます。

※弊社が提供するすべての情報について、弊社の許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。
  • ライブドアブログ