かんちゃんの為替の部屋(アナリストによる情報ブログ)

濫立する金融投資商品において、1)安全性を高め、2)効率良く運用し、3)好収益の具現化を進めていく上で、為替に絡んだ取引を行う事が重要です。なかでも、FX投資を主体とした投資家が増えている事に鑑み、その辺に視点を置いた情報提供の場を作りました。弊社情報教育チーム・アナリストの協力の下、実戦的な情報サイトとして運営致しますので、有効にご活用ください。   読者、訪問者数は16万8,110名(H26年2月1日現在)。   アセットクラス&WEBコンサルティングLLC

■だいまんの今日のウラ読み戦略■04月23日【追記版】

■だいまんの今日のウラ読み戦略■

2014年04月23日(水)06:30

【朝の速報】

 東京市場の材料は以下の通り。

09:25 (日) 中曽日銀副総裁講演(国際預金保険協会アジア・太平洋地域委員会国際コンファレンス)
10:30 (豪) 第1四半期消費者物価 [前期比] (前回+0.8% 予想+0.8%)
10:30 (豪) 第1四半期消費者物価 [前年比] (前回+2.7% 予想+3.2%)
10:45 (中) 4月HSBC製造業PMI・速報値 (前回48.0 予想48.5)
16:00 (仏) 4月PMI製造業・速報 (前回52.1 予想51.9)
16:00 (仏) 4月PMIサービス業・速報 (前回51.5 予想51.3)
16:30 (独) 4月PMI製造業・速報 (前回53.7 予想53.8)
16:30 (独) 4月PMIサービス業・速報 (前回53.0 予想53.3)
17:00 (ユーロ圏) 4月PMI製造業・速報 (前回53.0 予想53.0)
17:00 (ユーロ圏) 4月PMIサービス業・速報 (前回52.2 予想52.5)
17:00 (南ア) 3月消費者物価指数 [前年比] (前回+5.9% 予想+5.9%)


 材料が多く注意が必要だが、まず豪州関連では、豪第1四半期消費者物価が、中銀の目標を上回る内容となるか注目される。その場合、RBAの利下げの思惑が遠のき、早々と利上げの議論まで拡大する可能性に市場が注目する可能性が高い。また、中国HSBC製造業PMIなどが堅調を維持できるかも注目される。
 一方ユーロ圏のPMI・速報値は、デフレ懸念の中欧州の景況感の堅調が示されると、ECBの利下げ懸念が後退して、ユーロ買い要因となり、南アの消費者物価も強い内容が出ると南ア中銀の利上げの思惑につながり易い。

 需給面ではNYダウが堅調な推移となり、日経平均株価も堅調が想定され、円が軟調なレベルを維持するか注目される。
 また水曜日ということもあり、高金利通貨などのショート・カバーが出易い。


 テクニカル面で、豪ドル円は上昇が96.15-20まで拡大も更なる動きとなっていない。上値は96.15-25を超えて96.30-35の窓の上限が視野となるがCapされると上値追いできない。96.45-55や96.70-80を越えて、96.85-95、97.10-15、97.25-30が視野となるが、売りが出易い。一方下値は95.95-05、95.80-90、95.70-80、95.55-65が維持できるとサポートから堅調も、95.40-50や95.30-40を割れると95.25-30、95.10-20、95.00-05まで視野となるが、買いが入り易い。リスクは94.70-85を割れるケースとなる。


高島暦は、「前日末の波動で駆け引きせよ」となっているが、前日末に波動がなく不透明。ただ、材料的には円の軟調が維持される見通しとなる。


【注目ポイント&今日のウラ読み】
1)豪第1四半期消費者物価
RBAがインフレ目標とする2-3%のレンジを上回るか大きな注目となる。その場合、RBAの利下げの思惑から一転利上げの期待感につながる可能性に注目したい。

2)中国HSBC製造業PMI
中国1-3月GDPは予想を上回ったが、中国の指標の信憑性が低く、HSBCのPMIが、連続して景気の分水嶺となる「50」を下回るなら相場に良い影響はない。

3)ユーロ圏製造業PMI
デフレ傾向の中、景況感はそれほど悪くなく、引き続き堅調な数字なら、ECBの利下げの期待が遠のき、ユーロの下支え要因となる。

4)BOE議事録
4月9日は政策金利の変更が行われていないが、議事録でメンバーの投票結果が明らかになる。特に資産買入の継続に反対票が増えると、金融引き締めのイメージとなる。

5)カナダ小売売上高売上高
昨日の卸売売上高が予想を下回っており、2月の数字であることで、寒波の影響から引き続き小売売上高が弱い内容となるなら、カナダドル売り要因となる。

6)NZ中銀政策金利公表
3%への引き上げが想定されているが、既に織り込みとなっていること、また先週のCPIが弱かったことで、見送られるケースなど一時的なNZドル売りに群がるリスクがあることは留意して対応したい。ただ、引き続きスタンスは利上げであり、そういった下落での買い向かいが検討される。

◆豪ドル円、買い優勢の動きか(4/23)

◆◆◆◆◆◆ 徹底したテクニカル分析見通し◆◆◆◆◆◆

◇今日のレジスタンス/サポート & ポイント解説◇豪ドル円
第3レジスタンス:96.50-55円(ピボットS2&4/4高値圏)
第2レジスタンス:96.30-35円(ピボットS1など)
第1レジスタンス:96.15-20円(前日高値圏&60分足2σ上限)
  NY引け値:96.09円(+0.40円)
第1サポート:96.00-05円(60分足20本基準線など)
第2サポート:95.85-90円(14時安値圏&60分足2σ下限)
第3サポート:95.75-80円(ピボットB1など)


3日続伸。下方リスクが減退する中、上値期待が出ていたが、想定通りの
上伸、この流れを受けて3日平均足は上昇加速の様相、パラボリックは
買い転換、三段抜き新値足は陽線ボックスから新値が更新された。
トレンド系の買い気が強まっており、小勢波動の上昇入りが期待される。
週足も陽線切り返しを構成中であり、このままのレベル感で引けると、
立て込み型買いパターンの様相だ。中勢の上昇トレンド入りも期待。
中段保ち合いからの上方離脱が明確になるようだと、上値追いに勢いが
出てくるか。買い方優位の局面。

本日のポイント:続伸切り上げとなるか注目したい。
 ややオシレータ系のラインに不安定さを残しているだけに、勢いが
 出てくるか注目されよう。
 場中は早いタイミングでの反転買い気の動きに意識されたい。

1日の流れ:東京マーケット序盤から買い気が芽生え易い見通し。
 海外マーケットもシッカリ動いてくるか。
中心予想レンジ:96.00円-96.50円
 本日展望*上値追いの期待
 (AM7:19執筆)


注)上記レートはインターバンク等の提示したレートを参考にしたもので、
実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。
また、60分足テクニカルにおいては、執筆時レートよりも上下に
変動している場合があります。


    ⇒⇒内容・トレード戦術等の詳細は、
     「FX投資★売買チャンス攻略レポート」を購読ください。
      早朝を目安に発行。

◆重要トレード・ポイント「売買目安」   4月23日分

◆重要トレード・ポイント「売買目安」   4月23日分

【ドル/円】本日の重要なサポート&レジスタンスは以下の通り。
第3レジスタンス:103.00-05円(4/7安値圏&ピボットHBOP)
第2レジスタンス:102.90-95円(ピボットS2&90日移動平均線)
第1レジスタンス:102.70-75円(ピボットS1&基準線)
  NY引け値:102.60円(±0.00円)  
第1サポート:102.55-60円(20日基準線&60分足20本基準線)
第2サポート:102.40-45円(ピボットB1&前日安値圏)
第3サポート:102.30-35円(4/18安値圏など)



【ユーロ/円】 本日の重要なサポート&レジスタンスは以下の通り。
第3レジスタンス:141.85-90円(ピボットS1&4/7高値圏)
第2レジスタンス:141.80-85円(4/21高値圏&60分足3σ上限)
第1レジスタンス:141.75-80円(4/16高値圏&前日高値圏)
  NY引け値:141.65円(+0.13円)
第1サポート:141.50-55円(20日基準線&90時間移動平均線)
第2サポート:141.30-35円(ピボットB1など)
第3サポート:141.20-25円(前日安値圏&200時間移動平均線)



【ポンド/円】 本日の重要なサポート&レジスタンスは以下の通り。
第3レジスタンス:173.10-15円(ピボットS2など)
第2レジスタンス:172.85-90円(ピボットS1&3/10高値圏)
第1レジスタンス:172.70-75円(前日高値圏など)
  NY引け値:172.62円(+0.35円)
第1サポート:172.50-55円(60分足20本基準線など)
第2サポート:172.35-40円(21時安値圏&60分足一目基準線)
第3サポート:172.15-20円(ピボットB1&90時間移動平均線)


《定義》
・一目均衡表(基準線・転換線・先行スパン・遅行スパン等)
・ボリンジャーバンド(3σ下限〜20日基準線〜3σ上限)
・ピボット(LBOP〜HBOP)
・移動平均(75本・90本・200本)
上記テクニカル指標の日足を基本に、60分足・週足の節目が集中するトレードポイントを掲載(ビッドレート)。複数の指標が絡む値位置は、上下動にインパクトを与えます。
(AM6:27執筆)


注)上記レートはインターバンク等の提示したレートを参考にしたもので、実際の取引可能なレートとは異なる場合があります。
また、60分足テクニカルにおいては、執筆時レートよりも上下に変動している場合があります。


**************************

情報提供:アセットクラス&WEBコンサルティングLLC
      情報教育チーム 上村和弘
      http://www.asset-consul.net

**************************

ケンティッシュ・ブレーク「戦略編」4/22

★戦略的には、ドル円は前述した102.000〜103.00円のレンジ幅を重視し、102円前後から押し目買いを勧めると共に、103円前後からのナンピン売りで対応することを勧める。そして、ユーロドルは引き続き戻り売りを優先し、1.38台半ば以上からナンピン売りを勧めると共に、1.37台半ば前後から押し目買いで待機することを勧める。

●邦銀勢によれば、輸出入企業共に様子見スタンスを強める中、輸出企業は102円台半ば前後では随時実施しており、現状では103円前後からナンピン売り姿勢を強めている模様。一方、輸入企業は102前後から押し目買いで対応している模様。

●海外勢によれば、上値の重い展開と判断しており、現状では1.38台半ば前後からナンピン売り姿勢を強めている。一方、買いは利益確定を含めて、1.37台半ば前後から押し目買いで対応している模様。

●クロス円は、繰り返しになるが、ドル円102円前後ではロング、103円前後ではショートをイメージし、ユーロ円は141円割れから押し目買いを勧めると共に、142円台以上からナンピン売りで待機することを勧める。そして、豪ドル円は95円前後から押し目買いを勧めると共に、96円台半ば前後からナンピン売りで待機することを勧める。

*****************************

●市場ストップロス・オーダー状況  
通貨       売り      買い
ドル円      101.45     103.55
ユーロ円     140.40     142.70
ユーロドル    1.3690     1.3910
豪ドル円     94.60     96.85

*************************

情報提供:アセットクラス&WEBコンサルティングLLC
       情報教育チーム 鈴木郁雄
       http://www.asset-consul.net
*************************
【おススメ会社】             SBI FXトレード
SBIFXトレード
DMM.com証券
DMM FXは初心者向け
ヒロセ通商
FXブロードネット
初めてのFX取引[FXブロードネット]
為替レート
FX データFX投資ツール
マンスリー
為替ニュース
パーツ提供:ALL外為比較
経済指標カレンダー
ブログランキング
フェイスブック
【メールマガジン】
■為替投資のポイントと攻略法 儲けるための為替取引として、情報メールを発信中!!

配信内容: 徹底したテクニカル分析による為替見通しとして、 本日の注目ポイントや売買エントリーポイント、注意点などの 為替投資に役立つ情報を配信致します。継続して読む事で、より一層の 分析力・投資テクニックが磨かれるかと存じます。

H16年3月発行〜年5,000名程の投資家に読まれています。

情報レポートメール
《推奨★チャートシステム》
プロ仕様の総合テクニカル分析ツール「Win-Station」
日経平均株価
プロフィール

運営責任者:アセットクラス&WEBコンサルティングLLC     テクニカルアナリスト         上村和弘(かんちゃん)

                         ■コーポレートサイト:
FXアナリシスレビュー

■フェイスブック:
フェイスブックページ

■ツイッター
   個人ページ

投資をこよなく愛し、人生を幸せに過ごしたく頑張っています。よろしくお願い致します。                日本FP協会会員 CFP                                1級FP技能士  宮崎県出身

得意分野:チャートを利用した市場分析見通し。幅広いテクニカル指標を利用し、デイリーベースのコメントを執筆します。  (6割方は当たるかと・・)

趣味:格闘技観戦・ジャズ鑑賞・体を動かす事(釣り、スイミング、サッカーなど)。
スポーツジムはルネサンスオンリー、ベンチ110kg超を目指しています。、、、
最近の読書「水滸伝」「楊令伝」等にはまっています。
メールはコチラまで
QRコード
QRコード
免責事項
※ブログの公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止する場合があります。

※各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、弊社は一切責任を負いかねます。

※弊社が提供するすべての情報について、弊社の許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。
【おススメ会社】
SBIFXトレード DMM FXは初心者向け 初めてのFX取引[FXブロードネット]
livedoor 天気
J-CASTニュース
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
  • ライブドアブログ