かんちゃんの為替の部屋(アナリストによる情報ブログ)

濫立する金融投資商品において、1)安全性を高め、2)効率良く運用し、3)好収益の具現化を進めていく上で、為替に絡んだ取引を行う事が重要です。なかでも、FX投資を主体とした投資家が増えている事に鑑み、その辺に視点を置いた情報提供の場を作りました。弊社情報教育チーム・アナリストの協力の下、実戦的な情報サイトとして運営致しますので、有効にご活用ください。       読者、訪問者数は19万6,000名超(H26年10月1日現在)。   アセットクラス&WEBコンサルティングLLC

★FX投資スクールが開校!

FXトレード実践講座 中級コース

★勝ち組トレーダー3人によるFX塾がスタート!

今なら、たくさんの特典が??


AOIA社が選ばれる訳、、、

    ■FXトレード実践講座が選ばれる理由■
──────────────────────────────────
1)実践経験豊富な3人の講師による直接指導!
(生き残ってきたプロ投資家による、少人数制の投資塾!)

2)実際のFXに活かせる充実したカリキュラム!
   (FXの投資分析を網羅する教育内容!)

3)一人前になるまで徹底したサポート&フォロー体制!
   (1年間、講師・AOIAスタッフの元、学べる安心感!)

4)レベルに合わせて選べる3つのクラス設定と、お値打ちな受講料金!
   (同業他社比、圧倒的なコストパフォーマンス!)

5)資産形成セミナーを2年間で500回以上開催、2000人以上の受講生の実績・信頼!
   (金融機関出身の経営者、著名な専門家がサポートする会社!)

  ※1年間、投資サポートが受けられるFX塾!!
  (為替ゼミナール・無料コースもあり、FXのお勉強に最適です!!)

申し込みはコチラまで↓↓↓
FXトレード実践講座 各コース

ケンティッシュ・ブレーク「戦略編」10/22

★戦略的には、ドル円は107円台半ば前後がネックになるであろうが、106円台半ば前後から押し目買いを勧めると共に、107円台半ば前後からナンピン売りで待機することを勧める。そして、ユーロドルはレンジ幅を1.2650〜1.2800まで拡大し、1.26台半ば前後から押し目買いを勧めると共に、1.27台後半からナンピン売りで待機することを勧める。

●邦銀勢によれば、輸出入企業共に株価動向を注視する中、輸出企業は107円台半ば前後からナンピン売りを継続している模様。一方、輸入入企業は106円台半ば割れから押し目買いで対応している模様。

●海外勢によれば、方向感に乏しい中、引き続き戻り売りを優先しており、現状ではユーロドル1.28前後からナンピン売りと共に、1.26台半ば前後から押し目買いで待機姿勢を強めている模様。

●クロス円は、ドル円106円台半ば前後はロング、107円台半ば以上ではショートをイメージし、ユーロ円は135円台半ば前後から押し目買いと共に137円前後からナンピン売りで待機することを勧める。そして、豪ドル円は、昨日と同様に93円前後から押し目買いを勧めると共に、94円台半ば前後からナンピン売りで待機することを勧める。

***************************

●市場ストップロス・オーダー状況
通貨       売り      買い
ドル円      105.95    108.10
ユーロ円     135.10    137.20
ユーロドル    1.2615    1.2810
豪ドル円     92.85     95.10

*************************
情報提供:アセットクラス&WEBコンサルティングLLC
       情報教育チーム 鈴木郁雄
       http://www.asset-consul.net
*************************

ケンティッシュ・ブレーク「概況編」10/22

予想レンジ  
ドル円     106.50〜107.50
ユーロ円    135.50〜137.00
ユーロドル   1.2650〜1.2780
豪ドル円    93.00〜94.50

****************************

市場は米企業決算の動向に注目が集まる中、概ね良好な決算を受けて、NYダウ平均株価は215ドル高と3営業日連続で上昇するなど株式市場全般に安堵感が広がりつつある。そして、為替市場もドルの買い戻しが優勢となり、ドル円は107円台を回復するなど円売りに傾斜するなど、相対的なリスク回避の動きは一服している。ただ、連日の荒っぽい株価動を背景に日経平均株価が15,000円台を回復できるかは懐疑的になっており、再び、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)改革への期待報道や追加緩和策などが浮上しない限り、過剰期待は禁物かもしれない。

一方、ドル円は株高とドルの買戻しを背景に底堅い展開が予想されるが、ドル円107円台半ば前後からは実需や利益確定売りが散見されるなど、戻りは限定的になっている。いずれにしても、不安定な株価動向次第とも言える相場環境であり、当面、ある程度レンジ幅を拡大し、逆張り待機で臨むことが一考であろう。

他方、ユーロドルはECBが早ければ12月にも社債購入を検討するとの観測から、追加緩和期待がユーロの重石になり、1.27台前半まで下落している。ただ、前回1.27割れのレベルからは割安感を踏まえ、ヘッジファンド勢の買戻しや自律反発などが重なり、1.28台まで買い上げられた経緯があるだけに、過度なユーロ安期待は自重局面にある。

*************************
情報提供:アセットクラス&WEBコンサルティングLLC
       情報教育チーム 鈴木郁雄
       http://www.asset-consul.net
*************************

■だいまんの今日のウラ読み戦略■10月22日

■だいまんの今日のウラ読み戦略■

2014年10月22日(水)08:00

【今日の一言】
 動きが出るかは不透明だが、ドル円は押し目買い場探しから。

【昨晩の海外】
 昨晩の海外市場は、ドルの買い戻しが優勢となった。予想より強い中古住宅販売件数への反応は鈍かった。
 ユーロドルは、「欧州中央銀行はカバードボンド以外の社債の購入を検討している」との関係筋の話が報道されたこと、ショイブレ独財務相が「低いユーロレートは経済を支援」と発言したことで、1.2714まで下落。ポンドドルも1.6178から1.6110へ値を下げた。ドル円は、ロンドン市場でのリスク回避の動きから106.92まで反発も、クロス円の売りに押され、再度106.59まで値を下げたが、その後は薄商いのNY午後にNYダウが、200ドル超えの上昇となったことで、107.03まで値を回復した。
 一方クロス円は、NY株の上昇にも、欧州通貨の売りが圧迫した。ユーロ円が135.69、ポンド円が171.99、スイス円が112.45まで下落、オージー円が94.19から93.65、NZD円が85.43から84.90まで値を落としたが、カナダ円は、カナダ中銀の政策金利の発表を前に、買い戻しが強まり95.36まで値を上げた。


【本日の材料】
シンガポール市場休場(ディーパバリ)
08:50 (日) 9月通関ベース貿易収支 (前回-9485億円(-9497億円) 予想-7730億円)
09:30 (豪) 第3四半期消費者物価 [前期比] (前回+0.5% 予想+0.4%)
09:30 (豪) 第3四半期消費者物価 [前年比] (前回+3.0% 予想+2.3%)
17:00 (南ア) 9月消費者物価指数 [前年比] (前回+6.4% 予想+6.1%)
17:30 (英) BOE議事録公表(10月8-9日開催分)
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 (前回+5.6%)
21:30 (米) 9月消費者物価指数 [前月比] (前回-0.2% 予想0.0%)
21:30 (米) 9月消費者物価指数 [コア:前月比] (前回0.0% 予想+0.2%)
21:30 (米) 9月消費者物価指数 [前年比] (前回+1.7% 予想+1.6%)
21:30 (米) 9月消費者物価指数 [コア:前年比] (前回+1.7% 予想+1.8%)
21:30 (加) 8月小売売上高 [前月比] (前回-0.1%)
21:30 (加) 8月小売売上高 [除自動車] (前回-0.6%)
22:30 (英) ベイリーBOE副総裁・英財政委員会出席
23:00 (加) 加中銀政策金利発表
23:30 (米) 週間原油在庫 (前回+892.3万バレル)
06:00 (豪) スティーブンスRBA総裁講演
06:45 (NZ) 第3四半期消費者物価 [前期比] (前回+0.3% 予想+0.5%)
06:45 (NZ) 第3四半期消費者物価 [前年比] (前回+1.6% 予想+1.2%)
中国共産党第18期中央委員会第4回全体会議(北京)
アジア太平洋経済協力会議・財務相会合(北京)
第3四半期米企業決算:アボット・ラボラトリーズ、ボーイング、ダウ・ケミカル、ノーザン・トラスト、AT&T、U・S・バンコープ、ゼロックス


【注目ポイント&今日のウラ読み】
1)日9月通関ベース貿易収支
 若干改善の見通しも、ドラスティクな内容とならない限り影響は限定される見通し。

2)豪第3四半期消費者物価
 強弱感次第で、一定の動きとなるが、一応中銀が目標とする2−3%の範囲に留まれば影響は少ない見通し。

3)英BOE議事録公表
4)米9月消費者物価指数
5)加8月小売売上高
6)英ベイリーBOE副総裁・英財政委員会出席
7)加中銀政策金利発表
8)スティーブンスRBA総裁講演
9)NZ第3四半期消費者物価

※内容詳細、ストラテジーはメルマガを購読ください。
【おススメ会社】          GMOクリック証券
GMOクリック証券
SBI FXトレード
SBIFXトレード
FXプライムbyGMO
FXプライム[ぱっと見テクニカル]
為替レート
FX データFX投資ツール
マンスリー
為替ニュース
パーツ提供:ALL外為比較
経済指標カレンダー
ブログランキング
フェイスブック
【メールマガジン】
■為替投資のポイントと攻略法 儲けるための為替取引として、
情報メールを発信中!!

配信内容: 徹底したテクニカル分析による為替見通しとして、 本日の注目ポイントや売買エントリーポイント、注意点などの 為替投資に役立つ情報を配信致します。
継続して読む事で、より一層の分析力・投資テクニックが磨かれるかと存じます。
まぐまぐ殿堂入り実績メルマガ!

H16年3月発行〜年5,000名程の投資家に読まれています。

情報レポートメール
【FX教育スクール】
No.1 FX教育スクール、
勝ち組3人のFX塾が開校!! FXトレード実践講座 中級コース
日経平均株価
プロフィール

運営責任者:アセットクラス&WEBコンサルティングLLC     テクニカルアナリスト         上村和弘(かんちゃん)

                         ■コーポレートサイト:
FXアナリシスレビュー

■フェイスブック:
フェイスブックページ

■ツイッター
   個人ページ

投資をこよなく愛し、人生を幸せに過ごしたく頑張っています。よろしくお願い致します。                日本FP協会会員 CFP                                1級FP技能士  宮崎県出身

得意分野:チャートを利用した市場分析見通し。幅広いテクニカル指標を利用し、デイリーベースのコメントを執筆します。  (6割方は当たるかと・・)

趣味:格闘技観戦・ジャズ鑑賞・体を動かす事(釣り、スイミング、サッカーなど)。
スポーツジムはルネサンスオンリー、ベンチ110kg超を目指しています。、、、
最近の読書「水滸伝」「楊令伝」等にはまっています。
メールはコチラまで
QRコード
QRコード
免責事項
※ブログの公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止する場合があります。

※各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、弊社は一切責任を負いかねます。

※弊社が提供するすべての情報について、弊社の許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。
【おススメ会社2】
SBIFXトレード DMM FXは初心者向け
livedoor 天気
J-CASTニュース
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
  • ライブドアブログ