かんちゃんの為替の部屋(アナリストによる情報ブログ)

濫立する金融投資商品において、1)安全性を高め、2)効率良く運用し、3)好収益の具現化を進めていく上で、為替に絡んだ取引を行う事が重要です。なかでも、FX投資を主体とした投資家が増えている事に鑑み、その辺に視点を置いた情報提供の場を作りました。弊社情報教育チーム・アナリストの協力の下、実戦的な情報サイトとして運営致しますので、有効にご活用ください。       読者、訪問者数は20万0051名超(H26年11月1日現在)。   アセットクラス&WEBコンサルティングLLC

■-■ FX講座★勝ち組みトレーダー3人によるFX塾、開催中! ■-■

FXトレード実践講座 初級コース

 ■-■ FX講座★勝ち組みトレーダー3人によるFX塾、開催中! ■-■

     少人数制による実戦的なトレード塾です!!
     (開校2年で、2,000人以上が参加!!)   

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 |  ★弊社からの申し込みには、、、特典があります!!  |
 |   内容はメールにてお問い合わせ下さい。         | 
 |   info@asset-consul.net セミナー担当まで         |
 |                                     |
 |   注)今回は5名様のみ提供出来ます。            |
 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



 <内容>  
   主催:AOIA株式会社  
   場所:AOIA社専用セミナー会場
      東京都港区虎ノ門2-9-11 
      神谷町・虎の門・溜池山王駅より徒歩5-6分
   対象者:未経験者〜上級者レベル
       (初・中・上級の3コース設定)

  申し込みは上記バナー or 右側バナーより、
  各コースに遷移頂き、必要事項をご入力ください。
  

*****************************
*****************************
*****************************


 AOIA社のFXセミナーが選ばれる訳、、、

    ■FXトレード実践講座が選ばれる理由■
──────────────────────────────────
1)実践経験豊富な3人の講師による直接指導!
(生き残ってきたプロ投資家による、少人数制の投資塾!)

2)実際のFXに活かせる充実したカリキュラム!
   (FXの投資分析を網羅する教育内容!)

3)一人前になるまで徹底したサポート&フォロー体制!
   (1年間、講師・AOIAスタッフ・サポーターの下、学べる安心感!)

4)レベルに合わせて選べる3つのクラス設定と、お値打ちな受講料金!
   (同業他社比、圧倒的なコストパフォーマンス!)

5)資産形成セミナーを2年間で500回以上開催、2000人以上の受講生の実績・信頼!
   (金融機関出身の経営者、著名な専門家がサポートする会社!)

  ※1年間、投資サポートが受けられるFX塾!!
  (セミナー形式では有りませんので、シッカリと学べます!!)

申し込みはコチラまで↓↓↓
FXトレード実践講座 各コース

ケンティッシュ・ブレーク「戦略編」4/1

●戦略的には、ドル円は120円前後の攻防と判断し、引き続き119円台半ば前後から押し目買いと共に、120円台半ば前後からナンピン売りで待機することを勧める。そして、ユーロドルは1.06台半ば前後から押し目買いと共に、1.08台以上からナンピン売りで対応することを勧める。

●邦銀勢によれば、輸出入企業共に期末決算を終えて、慎重に対処しているが、輸出企業は昨日と同様にドル円120円台半ば前後から121円前後まで断続的に散見されている模様。一方、輸入企業も引き続き119円前後を中心に119円台半ば前後から押し目買いで対応している模様。

●海外勢によれば、引き続き戻り売りを優先する中、現状では1.08台以上からナンピン売りと共に、1.07割れから少なめの押し目買いで待機姿勢を強めている模様。

●クロス円は、繰り返しになるがドル円119円台半ば割れでではロング、120円台半ば前後ではショートをイメージし、ユーロ円は128円前後から押し目買いと共に、130円前後からナンピン売りで待機することを勧める。そして、豪ドル円は90円台半ば前後から押し目買いと共に、92円台以上からナンピン売りで待機することを勧める。

***************************

●市場ストップロス・オーダー状況
通貨       売り     買い
ドル円      118.85     121.10
ユーロ円     127.80    130.10
ユーロドル    1.0630    1.0855
豪ドル円     90.25     92.55

*************************
情報提供:アセットクラス&WEBコンサルティングLLC
       情報教育チーム 鈴木郁雄
       http://www.asset-consul.net
*************************

ケンティッシュ・ブレーク「概況編」4/1

予想レンジ
ドル円     119.50〜120.50
ユーロ円    128.00〜129.80
ユーロドル   1.0650〜1.0800
豪ドル円    90.50〜92.30

***************************

ドル買いが優勢の中、日欧株式相場の流れを引き継ぎ、米国株式市場のダウ平均株価は200ドル安200と反落している。相対的な期末要因もあるが、直近の米国経済指標が弱含んでいることから、ひとまず利益確定売りに圧された格好であり、本日の東京株式市場の重石にはなるだろうが、前日の大幅安の反動、そして、本日発表される日銀短観は事前予想では概ね改善傾向にあるため、東京株式市場の反発も予想されるため、引き続きドル高基調は否めないだろう。

一方、ドル円はFRBによる6月利上げ観測は後退している感は否めないが、年内の利上げが確実視されている関係上、ドル円は120円台で底堅い展開が予想されるが、反面、市場にはドル高に対する警戒感も踏まえたドル売り調整も散見されるなど、一進一退の展開が予想される。その中、ルー米財務長官は強いドルは米国にとって好ましいと強調している一方、不公平な介入の結果、ドルが上昇しているのであれば全く別の話だと警鐘を鳴らしており、短期筋としても、積極的にポジションを取りづらい状況にある。

他方、ユーロドルはECBのQE開始で欧州債利回りは下げが続いており、ユーロドルは1.07台前半まで下落するなど、依然として、戻り売り優先の展開を余儀なくされている。当面、ギリシャ問題に不透明感がある以上、投機筋や機関投資家なども含めて、ユーロの買戻しには慎重になっているため、引き続き戻り売りに傾斜せざるを得ない状況である。ただ、昨日発表されたユーロ圏消費者物価速報値は前年比−0.1%と4ヵ月連続のマイナスとなったものの、原油安やECBのQEによりマイナス幅は鈍化しており、ユーロを取り巻く環境はやや持ち直した感があり、現時点では、週末の米雇用統計を見極めるまでは積極的なユーロ売りは手控えた方がリスクは軽減されるだろう。

*************************
情報提供:アセットクラス&WEBコンサルティングLLC
       情報教育チーム 鈴木郁雄
       http://www.asset-consul.net
*************************



■だいまんの今日のウラ読み戦略■04月01日

■だいまんの今日のウラ読み戦略■

2015年04月01日(水)07:30

【今日の一言】
 新年度入り。動きが緩慢となる可能性があることは留意して対応したい。

【昨晩の海外】
昨晩の海外市場は、期末を睨んだ一時のドル買いも巻き戻しの動きで終了した。米経済指標としては、米3月シカゴ購買部協会景気指数が、市場予想を大きく下回るも、米3月消費者信頼感指数が、高水準を維持したことで、影響は限定された。
ドル円は120.15まで反発後119.78まで一時値を下げたが、120円台を回復、ユーロドルは、1.0713の安値から1.0777まで反発後も売りに押され、ポンドドルは、英10-12月期GDP・確報値が上方修正されたことで、1.4756から1.4871まで反発、ユーロポンドが0.7228まで値を下げた。
クロス円では、ユーロ円が129.15から128.60まで安値を更新、ポンド円が177.19から178.31まで値を戻し、オージー円が91.11から91.74、NZD円が89.53から89.99、カナダ円が93.74から94.78、スイス円が123.06から123.78.38まで一時値を回復した。


【本日の材料】
08:50 (日) 日銀短観 [大企業製造業業況判断] (前回12 予想14)
08:50 (日) 日銀短観 [大企業製造業先行き] (前回9 予想16)
08:50 (日) 日銀短観 [大企業非製造業業況判断] (前回16 予想17)
08:50 (日) 日銀短観 [大企業非製造業先行き] (前回15 予想18)
08:50 (日) 日銀短観 [設備投資計画:前年比] (前回+8.9% 予想+0.5%)
09:30 (豪) 2月住宅建設許可件数 [前月比] (前回+7.9% 予想-4.0%)
10:00 (中) 3月製造業PMI (前回49.9 予想49.7)
10:00 (中) 3月非製造業PMI (前回53.9)
10:45 (中) 3月HSBC製造業PMI・確報 (前回49.2 予想49.4)
16:30 (スイス) 3月製造業PMI (前回47.3 予想47.2)
16:45 (伊) 3月製造業PMI (前回51.9)
16:50 (仏) 3月製造業PMI・確報値 (前回48.2)
16:55 (独) 3月製造業PMI・確報値 (前回52.4 予想52.4)
17:00 (ユーロ圏) 3月製造業PMI・確報値 (前回51.9 予想51.9)
17:30 (英) 3月PMI製造業 (前回54.1 予想54.2)
20:00 (米) MBA住宅ローン申請指数 (前回+9.5%)
22:00 (米) ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁(シンポジュウム討論会参加)
22:45 (米) 3月マークイット製造業PMI・確報値 (前回55.3 予想55.1)
21:15 (米) 3月ADP全国雇用者数 (前回+21.2万人 予想+23.0万人)
23:00 (米) 3月ISM製造業景況指数 (前回52.9 予想52.5)
23:00 (米) 2月建設支出 (前回-1.1% 予想-0.1%)
23:30 (米) 週間原油在庫 (前回+817.0万バレル)
23:30 (米) ロックハート・アトランタ連銀総裁(経済シンポジュウム討論会参加)
「マネーローンダリングに関するシンポジュウム」(カンザス連銀)


【注目ポイント&今日のウラ読み】
1)日銀短観
2)豪2月住宅建設許可件数
3)中3月製造業・非製造業PMIとHSBC製造業PMI・確報
4)ユーロ圏各国の3月製造業PMI
5)米3月ADP全国雇用者数 (前回+21.2万人 予想+23.0万人)
 引き続き良好なレベルが維持されるとドルを支える見通し。ただ、数字のブレもあることでサプライズは弱い内容。ただ、これでドル円が押し目をみせるなら買い狙い。

6)米3月ISM製造業景況指数
7)週間原油在庫
 引き続き在庫の増加が原油価格を圧迫する可能性となるが、ただ、こちらも大きなリスク・オフの流れとはなっていない。カナダドルは、この数字を見てから対応するのが安全。


 ※内容詳細、ストラテジーはメルマガ(だいまん氏)を購読ください。
  http://www.gladv.co.jp/members/fx_dai/index.html
【おススメ会社】          GMOクリック証券
GMOクリック証券
マネーパートナーズ
為替レート
FX データFX投資ツール
マンスリー
為替ニュース
パーツ提供:ALL外為比較
経済指標カレンダー
ブログランキング
フェイスブック
【メールマガジン】
■為替投資のポイントと攻略法 儲けるための為替取引として、
情報メールを発信中!!

配信内容: 徹底したテクニカル分析による為替見通しとして、 本日の注目ポイントや売買エントリーポイント、注意点などの 為替投資に役立つ情報を配信致します。
継続して読む事で、より一層の分析力・投資テクニックが磨かれるかと存じます。
まぐまぐ殿堂入り実績メルマガ!

H16年3月発行〜年5,000名程の投資家に読まれています。

情報レポートメール
【FX教育スクール】
No.1 FX教育スクール、
勝ち組3人のFX塾が開校!! FXトレード実践講座 中級コース
日経平均株価
プロフィール

運営責任者:アセットクラス&WEBコンサルティングLLC  テクニカルアナリスト         上村和弘(かんちゃん)

                         ■コーポレートサイト:
FXアナリシスレビュー

■フェイスブック:
フェイスブックページ

■ツイッター
   個人ページ

投資をこよなく愛し、人生を幸せに過ごしたく頑張っています。よろしくお願い致します。                日本FP協会会員 CFP                                1級FP技能士 宮崎県出身

得意分野:チャートを利用した市場分析見通し。幅広いテクニカル指標を利用し、デイリーベースのコメントを執筆します。
  (6割方は当たるかと・・)

趣味:格闘技観戦・ジャズ鑑賞・体を動かす事(釣り、スイミング、サッカーなど)。
スポーツジムはルネサンスオンリー、ベンチ110kg超を目指しています。、、、
最近の読書「水滸伝」「楊令伝」等にはまっています。
メールはコチラまで
QRコード
QRコード
免責事項
※ブログの公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止する場合があります。

※各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、弊社は一切責任を負いかねます。

※弊社が提供するすべての情報について、弊社の許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。
【おススメ会社2】
SBIFXトレード DMM FXは初心者向け
livedoor 天気
J-CASTニュース
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
  • ライブドアブログ