かんちゃんの為替の部屋(アナリストによる情報ブログ)

濫立する金融投資商品において、1)安全性を高め、2)効率良く運用し、3)好収益の具現化を進めていく上で、為替に絡んだ取引を行う事が重要です。なかでも、FX投資を主体とした投資家が増えている事に鑑み、その辺に視点を置いた情報提供の場を作りました。弊社情報教育チーム・アナリストの協力の下、実戦的な情報サイトとして運営致しますので、有効にご活用ください。   読者、訪問者数は16万8,110名(H26年2月1日現在)。   アセットクラス&WEBコンサルティングLLC

ケンティッシュ・ブレーク「戦略編」4/25

★戦略的には、ドル円は引き続き102〜103円のレンジ相場を重視するが、戻りの鈍さがある以上、102円割れから少な目の押し目買いと共に、102円台後半からナンピン売りで待機することを勧める。そして、ユーロドルは昨日と同様に1.37台半ば前後から押し目買いを勧めると共に、1.38台半ば以上からナンピン売りで待機することを勧める。

●邦銀勢によれば、輸出入企業共に様子見スタンスを強める中、輸出企業は103円前後に集約されているが、一部102円台半ば以上からナンピン売りで待機している模様。一方、輸入企業は上値の重さを意識して、102割れから押し目買いで対応している模様。

●海外勢によれば、方向感に乏しい中、引き続き1.3750〜1.3850のレンジ幅を重視し、1.38台半ば以上からナンピン売りと共に、1.37台半ば前後から押し目買いで対応している模様。

●クロス円は、引き続きドル円102円割れではロング、103円前後ではショートをイメージし、ユーロ円は141円割れから押し目買いを勧めると共に、142円台以上からナンピン売りで待機することを勧める。そして、豪ドル円はやや売られすぎの感があるが、94円前後から押し目買いと共に、95円台半ば以上からナンピン売りで待機することを勧める。

*****************************

●市場ストップロス・オーダー状況  
通貨       売り      買い
ドル円      101.30     103.50
ユーロ円     140.40     142.55
ユーロドル    1.3720     1.3920
豪ドル円     93.75     95.90

*************************

情報提供:アセットクラス&WEBコンサルティングLLC
       情報教育チーム 鈴木郁雄
       http://www.asset-consul.net
*************************

ケンティッシュ・ブレーク「概況編」4/25

予想レンジ
ドル円    101.80〜102.80
ユーロ円   140.50〜142.30
ユーロドル  1.3750〜1.3880
豪ドル円   94.00〜95.50

*****************************

昨日発表された米3月耐久財受注はプラス2.6%と、市場予想の2.0%を上回り、米経済期待を背景に、一時ドル買いが優先される中、ドル円は103円台を意識する動きを見せたが、その後、親ロシア派の強制排除を受けて、地政学的リスクが発生したことが嫌気され、ドル円は102円近辺まで急落するなど荒っぽい展開を見せ始めている。ただ、102〜103円のレンジ相場は維持されており、市場は週末を控えてやや冷静さを取り戻している。

一方、米10年債利回りは米耐久財受注の発表後には2.732%まで上昇したものの、ウクライナ暫定政権による親ロシア派の強制排除を受けて、ロシア側がウクライナ国境付近で新たな軍事演習を開始し、地政学的リスクへの警戒感から、米債券利回りは2.68%付近まで低下したことを受けて、安全通貨である円を買い戻す動きが優先されている。

他方、ユーロドルはECB理事からのユーロ高けん制が伝わる中、昨日もベルギー中銀総裁
政策金利の引き下げでは何も変わらないとした上、ユーロ高は明らかにECBにとっては問題戸の発言があり、ユーロドルは一時1.38割れの展開をみせたものの、依然として、1.38台をキープしており、想定以上に底堅い展開を見せており、過度なユーロ安期待は禁物であろう。

*************************

情報提供:アセットクラス&WEBコンサルティングLLC
       情報教育チーム 鈴木郁雄
       http://www.asset-consul.net
*************************

■だいまんの今日のウラ読み戦略■04月25日

■だいまんの今日のウラ読み戦略■

2014年04月25日(金)08:00

【今日の一言】
 揉み合いが続いており、今日もそうなるかと安心するのは危険か?

【昨晩の海外】
 昨晩の海外市場は、強い米3月耐久財受注を受けたドル買いも、ロシア国防相が「ウクライナ国境付近での新たな軍事演習を命令」、プーチン大統領が緊急記者会見を開くとの噂などから、一転NYダウがマイナス圏へ落ち込み、米長期金利が下落、リスク回避の動きが急速に広がった。ただ、その後ウクライナ大統領代行の「ロシアは国境付近に兵力を集中」との発言以外は、新たなウクライナ情勢の悪化が伝わらず、巻き戻しとなった。ユーロドルは1.3844から1.3791まで下落、ポンドドルも1.6806から1.6766まで値を下げた。ドル円も102.65から102.09まで値を下げたが、その後102.39まで反発した。
クロス円では、ユーロ円が141.79から141.05、ポンド円が172.19から171.48、オージー円が94.56、NZD円が87.45、カナダ円が92.56まで一時下落した。


【本日の材料】
ウェリントン、シドニー市場休場(アンザックデー)
08:30 (日) 3月全国消費者物価指数 [前年比] (前回+1.5% 予想+1.7%)
08:30 (日) 3月全国消費者物価指数 [前年比:除生鮮] (前回+1.3% 予想+1.4%)
08:30 (日) 4月東京都区部消費者物価指数(生鮮食品除く)[前年比] (前回+1.0% 予想+2.8%)
17:00 (スイス) ジョーダンSNB総裁講演
17:30 (英) 3月小売売上高指数 [前月比] (前回+1.8% 予想-0.5%)
17:30 (英) 3月小売売上高指数 [前年比] (前回+4.2% 予想+4.5%)
22:45 (米) 4月マークイット総合PMI・速報値 (前回55.7)
22:45 (米) 4月マークイットサービス業PMI・速報値 (前回55.3)
22:45 (加) オリバー加財務相講演(カナダ・エコノミッククラブ)
22:55 (米) 4月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値 (前回82.6 予想83.0)
23:30 (ユーロ圏) クノット・オランダ中銀総裁講演
01:00 (ユーロ圏) ファンロンパイEU大統領講演
オバマ米大統領訪日
米企業決算:フォード・モーター、ステート・ストリート
高島暦:「人気に逆行して動く日」

4/27(日)
世界経済フォーラム「欧州・中東・ユーラシア会議」(イスタンブール)


【注目ポイント&今日のウラ読み】
1)日本の消費者物価指数
3月の全国分は消費増税前なので、影響は少ないと見るが、特に東京都区部の4月分の指標に注目。予想を上回る上昇幅が見えると、日銀の金融緩和スタンスが遠のくとの見方から、一時的な円買い要因となる可能性に注目したい。

2)日米共同声明
延期された日米共同声明が発表される模様だが、7時40分に甘利TTP相が会見の模様。既にTPP交渉の決裂は明らかであり、良いイメージはないが、織りこみで影響は少ない見通し。

3)英小売売上高
強弱感次第で不透明だが、トレンド的には弱い数字で下げても、ポンドの買い場との認識となる。

4)米経済指標
堅調な数字が続く米経済指標も影響は一時的な展開となっている。注目は高値圏で十字線が出ているNYダウで、テクニカル面では天井つきの示唆となるか注意したい。

5)ウクライナ情勢
ウクライナが対テロ対策を実施していることで、緊張感が高まっている。ロシア軍が国境付近に集結しているようで、週末に向けて、ロシアの軍事投入の懸念が相場を圧迫する可能性に留意して対応したい。

【ウェーバーの3-5Daysサイクル分析】 EUR/USD(B)   4月25日朝版

【ウェーバーの3-5Daysサイクル分析】 EUR/USD(B) 4月25日朝版

05:30作成 

《3-5日サイクル》

前々回ボトム   04月15日(1.37871)
前回ボトム    04月22日(1.37852)
経過日数     2.5日


前々回トップ   04月17日(1.38635)
前回トップ    04月23日(1.38548)
経過日数      1.5日


「概況」 

 3-5日サイクルでは、4月22日夕安値を直近のサイクルボトムとし、次23日夜高値を同サイクルトップとし、次のボトム形成期となる25日から29日への下落を想定してきた。
 24日夜にいったん急落したが反騰しているものの、23日夜高値を上抜けていない。
 前回ボトムからは日柄が浅いため、23日夜高値を上抜けないうちは失速注意とする。60分足52本移動平均を再び割り込む場合は下げ再開注意とし、24日夜安値、22日安値を試すとみる。底割れの場合、下値メドは1.370ドル試しとみる。
 25日の日中に続伸する場合は、23日夜高値とのダブルトップ形成とその後の反動安に注意する。
 23日夜高値を上抜ける場合には、22日と24日のダブル底型による強気転換とし、次のトップ形成期となる28日から30日への上昇を想定する。その場合の上値メドは1.387ドルから1.39ドルまで見ておく。


下値支持線   60分足52本移動平均(1.38196)    その下 4月22日夕安値(1.37852)
      さらにその下 1.375 〜 1.370
 上値抵抗線  4月23日夜高値(1.38548)   その上 4月17日高値(1.38635)
       さらに4月11日高値(1.39046)



「定義」 3-5Daysサイクルとは、60分足、120分足レベルで検証可能なサイクル=相場の周期性を指す。概ね3日から5日の間隔でトップ(高値)、ボトム(底)をつける。サイクル分析では、サイクルのトップが確認できれば、次のサイクルボトム期への下げという見立てをする。サイクルのボトムが確認できれば次のサイクルトップまで上昇という見立てをする。



*************************
情報提供:アセットクラス&WEBコンサルティングLLC
       情報教育チーム ウェーバー
       http://www.asset-consul.net
*************************
【おススメ会社】             SBI FXトレード
SBIFXトレード
DMM.com証券
DMM FXは初心者向け
ヒロセ通商
FXブロードネット
初めてのFX取引[FXブロードネット]
為替レート
FX データFX投資ツール
マンスリー
為替ニュース
パーツ提供:ALL外為比較
経済指標カレンダー
ブログランキング
フェイスブック
【メールマガジン】
■為替投資のポイントと攻略法 儲けるための為替取引として、情報メールを発信中!!

配信内容: 徹底したテクニカル分析による為替見通しとして、 本日の注目ポイントや売買エントリーポイント、注意点などの 為替投資に役立つ情報を配信致します。継続して読む事で、より一層の 分析力・投資テクニックが磨かれるかと存じます。

H16年3月発行〜年5,000名程の投資家に読まれています。

情報レポートメール
《推奨★チャートシステム》
プロ仕様の総合テクニカル分析ツール「Win-Station」
日経平均株価
プロフィール

運営責任者:アセットクラス&WEBコンサルティングLLC     テクニカルアナリスト         上村和弘(かんちゃん)

                         ■コーポレートサイト:
FXアナリシスレビュー

■フェイスブック:
フェイスブックページ

■ツイッター
   個人ページ

投資をこよなく愛し、人生を幸せに過ごしたく頑張っています。よろしくお願い致します。                日本FP協会会員 CFP                                1級FP技能士  宮崎県出身

得意分野:チャートを利用した市場分析見通し。幅広いテクニカル指標を利用し、デイリーベースのコメントを執筆します。  (6割方は当たるかと・・)

趣味:格闘技観戦・ジャズ鑑賞・体を動かす事(釣り、スイミング、サッカーなど)。
スポーツジムはルネサンスオンリー、ベンチ110kg超を目指しています。、、、
最近の読書「水滸伝」「楊令伝」等にはまっています。
メールはコチラまで
QRコード
QRコード
免責事項
※ブログの公開および各コンテンツの更新については、都合により予告なく休止する場合があります。

※各種情報の内容につきましては、正確であるように努めておりますが、その内容を保証するものではありません。これらの情報によって生じたいかなる損害につきましても、弊社は一切責任を負いかねます。

※弊社が提供するすべての情報について、弊社の許可なく転用・販売することを禁じます。尚、掲載内容は情報提供を目的としております。投資等の勧誘または推奨を目的としたものではありませんので、お取引のご判断はお客様自身で行ってください。
【おススメ会社】
SBIFXトレード DMM FXは初心者向け 初めてのFX取引[FXブロードネット]
livedoor 天気
J-CASTニュース
外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
  • ライブドアブログ